診療に関するお問い合わせおよび検査の予約はお電話で 092-736-5601
休診日 日曜・祭日

Q1.胃カメラって苦しくないのですか?

A1.苦しくありません。検査は眠っている間におわります。

 胃の痛みを訴える患者さんに胃潰瘍や胃癌の存在が疑われる時、胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けて頂くようお勧めすると、決まって「えー!胃カメラですかー!」という反応が返ってきます。なぜそう言われるのかを尋ねてみると、「だって胃カメラって苦しいんでしょう」先日、知人が胃カメラの検査を受けたのですが、あんな検査もう2度と受けたくないって言ってました。」

 実はあなたもそう思っていませんか?医療の原点は患者さんの苦痛を和らげることにあります。検査で患者さんに苦痛を与えるなどもってのほか、ではないでしょうか?

 胃カメラを受ける際の前処置として大きく2つの方法があるのをご存知ですか?

(1)咽頭麻酔(この処置だけ検査を行う施設が多いです。)
 のどの奥にゼリー状の局所麻酔薬を数分間ためてのどをしびれさせ、仕上げに局所麻酔のスプレーを噴霧します。のどが敏感な方や不安の強い患者さんはこの時点で、おえーっ、となり検査に対する不安が大きく膨らみます。

(2)sedation(鎮静法)
 (1)の処置終了後、検査開始直前に精神安定剤を注射して軽く眠った状態で検査を受ける方法です。

 (1)の処置で、いくらのどがしびれて感覚が無くなった状態になっているとはいえ、内視鏡という異物がいきなり口から進入してくるわけですから、当然からだは緊張し、のどから首、肩にかけてガチガチに力が入ってしまいます。それに加えて、もし検査で異常が見つかったらどうしよう?という精神的な不安も重なり、検査前の患者さんのストレスは精神的にも肉体的にもピークに達しています。このような状態でいきなり内視鏡を入れられれば、苦しい思いをすることは誰の目にも明らかです。

 sedation(鎮静法)を行うことにより患者さんの緊張は和らぎ、浅く眠った状態になります。その間に検査はすべて終了しますので、苦しい、きついということはほとんどありません。麻酔ではないので、眠っていても軽く声をかけるだけでふっと目を覚ますことができるので安全ですし、万が一効き過ぎた場合でも拮抗薬がありますから、確実かつ速やかに覚ますことも可能です。この方法は欧米では常識となっていますが、日本ではまだ普及しているとはいえません。その理由は、注射の手間がかかる、検査終了後の患者さんに目が行き届かない、横になって休んでもらうスペースがない、といったいわば医療機関側の一方的な都合がほとんどです。(特に多数の検査を決まった時間内にこなさないといけないような大病院ではあまり取り入れられていないようです。)

 なお、この方法は大腸内視鏡検査の際にも行っています。

 胃癌は、志望者数こそ減少していますが、依然として多くの方が罹患されており、また大腸癌の死亡者数は増加の一途を辿っています。内視鏡検査は一生に一度受ければ済む検査ではありません。症状があってもなくても、定期的に受けて頂く事によって初めて早期発見、早期治療が可能となります。苦痛のために検査を受ける患者さんが減少し、そのために手遅れになって死亡される方が増加することや、早期に診断されれば内視鏡で治療できた患者さんが、開腹手術で胃や腸の切除を余儀なくされることは絶対に避けたい、避けなければならないと考えています。

 検査が終わって、何人もの患者さんがこう言ってくれました。「これなら毎月胃カメラを受けてもいいね。」ちなみに鎮静剤を使用することによって生じる患者さんの負担はほんの数百円です。