診療に関するお問い合わせおよび検査の予約はお電話で 092-736-5601
休診日 日曜・祭日

胃・大腸ポリープ内視鏡切除(日帰り手術)

大腸内視鏡検査で見つかったポリープはまずは組織検査でその悪性度を調べます。良性のポリープや軽度の細胞異型を伴う小さなポリープは切除の必要はありません。ポリープは一つとは限りません。どの場所にどのようなポリープがいくつあるのか、全体をきちんと見極めたうえで、本当に切除の必要があるポリープのみを、後日日を改めて切除します。

ただし、大きさ、形によっては入院治療が必要となる場合があります。その際は適切な医療機関をご紹介いたします。

診療に関するお問い合わせ・検査の予約/TEL 092-736-5601