診療に関するお問い合わせおよび検査の予約はお電話で 092-736-5601
休診日 日曜・祭日

胃カメラ(食道・胃・十二指腸内視鏡検査)

検査の予約について
検査の詳しい流れについて

直径約9mmのやわらかい管を口から入れて咽喉〜食道〜胃〜十二指腸の粘膜を観察する検査です。
直接目で見ることができるため正確に診断することができ、同時に組織検査、ピロリ菌のチェックなども可能です。
検査時間は7,8分程度です。
眠っている間に終わります。

検査が必要な症状

上腹部、みぞおち、背中のキリキリする痛み、鈍い痛み、空腹時のムカムカ、食後のもたれ、重苦しい感じ、のどや胸のつかえ感、胸やけ、食欲低下、体重減少、貧血などなど

早期の胃がんの場合は症状を伴うとは限りません。
また、若いからといって大丈夫とも限りません。

当クリニックで発見された最年少の胃がん患者さんは25歳です。
幸い早期発見されたため、完治し元気にされています。
定期的な検査をおすすめします。

検査の予約について

検査は月曜から土曜まで毎日行っております。
お電話でご希望の日にちと時間( 9:00 / 9:30 / 10:00 / 10:30 )をお知らせ下さい。

定期的にお薬を飲まれてある方(とくに血液をさらさらにするお薬などを飲まれている方)、内視鏡検査以外の検査(エコー、血液検査、心電図、レントゲンなど)を同日ご希望の方は、お電話の際、受付にお知らせください。

前日の注意
夕食は21:00までに済ませてください。
寝る前の睡眠薬などのお薬の服用は大丈夫です。
お水やお茶は飲まれて結構です。 お酒はちょっと少なめでお願いします。

当日の注意
朝食、お薬は摂らずにお越しください。
コップ半分程度のお水やお茶は飲まれて結構です。

眠って検査をご希望の場合は、お車での来院は控えてください。

検査の前に診察を行います。
検査終了後は、眠気を覚ますのに1時間くらいかかります。
覚めるまでの時間には個人差がありますので、検査当日は午前中には予定を入れず、時間に余裕を持っておこし下さい。

なお、午後からの検査を希望される方は胃腸科・内科Q&A(Q5.午後からでも胃カメラ検査はできますか?)参照ください。

また、検査を迷われている方は、
ご予約の必要はありませんので、お気軽に一度受診されてみてください。

検査の詳しい流れについて

受付

当クリニックに入って、受付を済ませてください。

問診票に、現在の症状、過去のご病気のこと、現在治療中のご病気、服用中のお薬のことなどを記入していただきます。

診察

検査の前に診察を行います。

お腹の症状がある場合はもちろんお腹も診ます。

※上腹部の痛みの場合、胆石などの胃以外の病気の可能性もあるため、超音波(エコー)検査をする場合があります。

荷物をロッカーへ入れ、検査室へ

手荷物や上着、靴、メガネ、入れ歯などをロッカーでお預かりします。

その後、検査室へ移動します。

前処置完了後、検査を開始

血圧測定、点滴、のどのスプレー麻酔、鎮静剤の点滴を行い、眠っていただきます。その後、胃の内視鏡検査を開始します。

検査時間は7〜8分です。

安全のため指先につけたモニターで脈拍数や呼吸状態をチェックしながら検査を行います。

リクライニングソファかベッドで休む

検査終了後はリカバリールームのリクライニングソファか、ベッドで1時間前後、安静に休んでいただきます。

窓越しには舞鶴公園の緑と青空が見えます。

検査結果説明

目が覚めたら検査中に撮影した写真を見ながら検査の結果を説明いたします。

組織検査を行った場合は、約1週間後に再度結果説明があります。

診療に関するお問い合わせ・検査の予約/TEL 092-736-5601